本文へスキップ

耳鳴り|木もれび鍼灸院|大阪

電話でのご予約・お問い合わせはTEL.072-761-5589

大阪府池田市石橋1丁目23-5 神戸屋ビル1F

ホーム鍼灸の適応となる症状→耳鳴り

耳鳴りtinnitus

耳鳴りに悩む男性

耳鳴り

もしあなたが

  • 耳鳴りは老化現象だから諦めるしか・・・
  • サプリメントやカイロプラクティック、心理カウンセリングなど全部試したが音が消えない。
  • 極度の疲労から「キーン」という音を感じ始めた。
  • 突発性難聴は治ったが、耳鳴りが消えない。
  • 頭鳴りも併発している
  • 耳鳴りの名医のところで治療したが治らない
  • 耳鳴りが止まらない、治らない。なんとかしてほしい・・・
  • 耳閉感とめまい、難聴も同時に起こっている。
  • 何年も耳の奥に物が入っているような、重く感じる違和感がある。
  • 耳鳴り改善のDVDを見たが変化しなかった
  • 耳鳴りが寝る時に気になって眠れない

このような症状で悩んでおられるのであれば、
あなたにとって当院はお役に立てるはずです。
ぜひこのまま読み進めてください。


体験談

体験談

体験談


耳鳴りについて下記のサイトでより詳しく解説しています。



予約・問い合わせ

tell

mail

line



まずは耳鳴りって?

耳鳴りは大きく分けて2つの種類があります。

1.他覚的耳鳴り


聴診器などで周りの人も音を確認できる耳鳴り。  
耳管と呼ばれる部分が開きっぱなしになり、閉じなくなってしまう「耳管開放症」、逆に閉じてしまう「耳管狭窄症」があげられます。
耳鼻咽喉科などで早期に治療すれば治る耳鳴りです。

1.自覚的耳鳴り


本人だけが聞こえている音で、周りの人は確認できない耳鳴り。  
聞こえる音の種類は「ジー」というセミの鳴き声のような音、「キーン」という金属音、「ピー」という電子音など、耳鳴りの数だけ音があります。  

原因は多岐にわたり、原因を特定するのは困難です。
「原因が不明」なので適切な治療法がないのが現状。  
耳鳴りを感じている患者さんの多くはこの「自覚的耳鳴り」です。  
難聴やめまい、頭痛、吐き気を伴うこともあります。


病院で異常が見つからない耳鳴り

本人だけが聞こえる耳鳴り。
病院でMRIや耳管機能検査でも内耳に異常が見つからないことがほとんど。

 鍼灸が適応と考えられる耳鳴りをまとめてみました。
  1. 職場や学校、家庭のストレスで起こる。
  2. 一時的で急激な脱水状態から起こってしまった。
  3. 風邪や中耳炎が治ってから起こった。
  4. 突発性難聴がきっかけ
  5. 原因は思い当たらないが気づけば鳴っていた。
 耳鳴りの原因は鼓膜や内耳の問題だけでなく、ストレスや水分代謝、年齢によるものなどが考えられますが、精密検査でもわからないものがほとんどで、最終的に「原因不明」「気のせい」と言われ治療が終わってしまいます。
若年層では睡眠障害や不安感、うつ病なども関わる場合が多く、治療のために使われた精神薬(ベンゾジアゼピン系)の副作用によって発生した極度の耳鳴りによって悩まされている方がおられます。
耳鳴り治療で西洋医学で限界を感じた方が鍼灸治療を選択されます。


治し方は?

耳鳴りで病院を受診すると薬による治療がメインになります。
  1. ステロイド剤(プレドニン)
  2. 利尿剤
  3. 漢方薬(牛車腎気丸、釣藤散、加味逍遥散、苓桂朮甘湯)
  4. ビタミン剤(B12)
  5. 末梢神経の血管を広げる薬
  6. 血流の促進する薬
  7. 精神安定剤
  8. 睡眠導入剤

炎症を鎮める、おしっこを増やし内耳の圧力を下げる、血流を改善する、精神の興奮を抑える、睡眠薬という風に、耳鳴りの原因を特定せずに数打ちゃ当たるといった投薬治療になります。
実は耳鳴りの原因は患者さんの生活歴、既往歴など様々な背景が関わっています。
単純にお薬で耳鳴りが楽にならないというのは、耳だけの問題とは言えないからです。


木もれび鍼灸院の【耳鳴り】の考え方

 耳鳴りの治療で一番の選択肢に針治療を考える人はまずおられません。
耳鼻科、脳神経外科、形成外科、心療内科、TFT療法、整体・・・色々な治療法を試したが良くならない。
鍼灸なら効くかもしれないと、痛い思いを覚悟で来院されます。
つまり針治療を選択する方は、どこにいっても治らない慢性的な耳鳴りに悩まされているということです。

 この状態を東洋医学では『虚証』といいます。 虚証とは心と身体の両方が弱ってしまっていますので、一般的な外からの刺激では治すのが難しい状態です。
針治療では虚証を補う『補法』という治療法があり、慢性耳鳴りに的確に治療を行うことができます。


木もれび鍼灸院の【耳鳴り】の分類『証』

1.風熱襲肺
風邪やインフルエンザで高熱が出た後に耳鳴りが発生します。
突発性難聴を併発する例もあります。
本人の自覚なくウイルス性の風邪を引いている場合がありますので、ストレス性か血液の循環障害から起こっているのかをしっかりと分ける必要があります。
2.肝火
耳鳴りよりも突発性難聴や耳閉感の方が気になりますが、最後に耳鳴りが残り治癒するまでは時間がかかります。
3.肝陽上亢
イライラ感や怒りっぽくなったりと感情のコントロールが出来なくなります。
4.肝血虚
「ジージー」というセミの鳴き声や換気扇の音が聞こえる典型的な耳鳴り症状です。
5.腎陽虚
疲労や冷えが根本原因にあるため、簡単なマッサージや温めるだけで、比較的耳鳴り症状は改善されやすいでしょう。
6.心腎不交
物忘れがひどくなったり、幻聴や幻覚を感じることがあります。霊感があるという方に多い証です。
7.脾胃気虚
耳鳴りだけでなく、胃腸症状も同時に起こります。
8.痰火
聞こえる音が非常に大きく、自分だけにしか聞こえないことが不思議なくらいなボリュームです。
9.気滞血瘀
耳鳴りだけでなく、胃腸症状も同時に起こります。
10.痰火
ストレスが原因の耳鳴りです。精神安定剤で軽くなりますが、根本治療をお勧めしたいタイプの方です。


鍼灸の施術はどうするの?

一般的な治療院の施術方法


一般的な鍼灸院は症状の出ているところに針を刺したりお灸をしたりします。
マッサージなどを取り入れているところも多くあります。
病院にかかれば投薬両方が中心になるでしょう。耳鳴り専門の病院ではTRT療法というカウンセリングと音を使った音響療法を組み合わせた治療法も行われています。


当院の施術の特徴


当院では症状を引き起こしている気の滞りを改善するために1~5本しか鍼を刺しません。 マッサージやカウンセリングよりも体表の変化を重要視しています。
初回に徹底したカウンセリングと診察により、どこが悪いのかを特定するので最小限の刺激しか必要としないからです。


鍼灸院が耳鳴りを治療しているワケ


耳鳴りの症状で鍼灸治療を選択される方はおられないでしょう。
木もれび鍼灸院は耳鳴りの治療を非常に得意としています。
例えば上記の
気滞血瘀の原因は精神的な抑うつが根本的なものであるので、薬が効いたとしても一時的です。また肝血虚腎陰虚は体力面を補わないと治りません。
鍼灸はそれぞれの『証』にあわせた治療が可能です。
中医学をベースとする木もれび鍼灸院の鍼灸治療は耳周辺の疾患を得意としています。
中医薬大学付属病院での研修の2年間は9割近い患者さんが耳鳴り、突発性難聴などで受診していました。
近現代の中医鍼灸の治療対象のほとんどが耳鳴り、難聴です。


施術の特徴

施術回数や通院ペースを明確にします。


初回に症状が取れるための治療方針をお伝えします。
症状の度合いにより通院回数やペースにばらつきがありますので、初診時に説明いたします。
病院や他治療院とはまったく治療法がことなります。
他院で治らない方は当院を最後の砦と考えて来院されます。


治療終了後も症状が再発しないように指導します。


耳鳴りが長引いてしまった日常生活の問題点を東洋医学の観点から改善法を指導することで、自分で症状をコントロールすることが出来るようになり、また耳鳴に苦しまないようになります。


耳鳴りに関連する『音』の症状について

頭鳴り・脳鳴りの鍼灸施術について


メニエールの鍼灸施術について



予約・問い合わせ

tell

mail

line




体験談

体験談
木もれび鍼灸院院長 木もれび鍼灸院院長弓削周平

長春中医薬大学 中医学士
長春中医薬大学 客員教授
吉林省公認 推拿師
北摂中医鍼灸研究会 代表


学生時代に父親がうつ病を発症。病院に行ったにも関わらず、完治することはなかった。この経験から精神疾患とそれに付随する不定愁訴(腰痛や不眠症、耳鳴りなど)で苦しんでおられる患者様と向き合おうと、伝統医学を極めるために中国の中医薬大学へ留学し、中医学と東洋医学(漢方・鍼灸)を体系的に学ぶ。日本に帰国後さらに日本伝統鍼灸を学び研鑽を積む。
この針治療が患者様からとても好評で多くのお喜びの声を頂いている。

→ブログ


木もれび鍼灸院
阪急石橋駅から徒歩5分
伊丹空港から15分
Address:大阪府池田市石橋1-23-5
TEL:072-761-5589
HP:https://www.ishibashikomorebi.com
Area:池田、豊中、箕面、尼崎はじめ大阪全域、北九州、名古屋、横浜、東京など全国から多数来院